デリバティブ偏愛家の日記

Pythonで米国夏時間か否か判定して返す関数

題名のまんまです。東京五輪に向けて日本もサマータイムを、とか何とか恐ろしい話も出ていますが、国内株以外を扱うと必ず問題になる夏時間。

取得してきたデータの日時がシカゴ時間だったりすると、自前DBにGMT+9で突っ込む時に判定が必要になります。その際に使用するコードです。全く大したコードではないんですが、作るのが面倒な方がいらしたらどうぞ。最終的に夏時間と判定されると「1」が、そうでないと「0」が返ってきます。

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です