デリバティブ偏愛家の日記

2018/8 第3週 日経IV分析

USDJPY動かないと日経の動きも鈍い…

日付 5P 15P 25P ATM 25C 15C 5C
2018/8/17 26.4% 19.1% 16.8% 14.1% 12.8% 12.7% 12.6%
2018/8/9 14.3% 12.0% 10.9% 10.5% 11.2% 11.4% 11.4%
2018/8/2 25.0% 17.9% 15.3% 13.1% 12.5% 12.4% 12.8%
2018/7/26 21.5% 17.3% 16.4% 13.7% 13.0% 13.1% 13.4%
2018/7/19 46.0% 22.4% 18.1% 13.3% 9.9% 9.3% 7.8%

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

トルコ祭が一旦落ち着いたようにも見えるが、一応日経は株価水準はあまり変わらないものの、IVはPut中心に上昇。若干警戒している模様。

 

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値。

 

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値。

 

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値。

 

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

 

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。 

 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。

 

総括

もうこれは恒常的に入れて良いのではと思う他の株価指数との比較だが、水色VIX、緑日経IV、橙EUR VSTOXX。リラ建て債務のデフォルト懸念から、欧州中心にリスクオフが波及した結果、VSTOXXが久々に日経IVを超える水準に。この辺りは素直な反応。

VSOTXX>日経IVという状況での日経IV買い+VSTOXX売りはそこそこ有効なものの、リラの問題が根本的に解決した訳では無いので、手を付けるにはやや早いかな、という印象。そして何より両先物を同じ業者で取引できないので、それぞれの業者に証拠金を結構積んでおく必要があるのも難点。困ったものである。

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です