デリバティブ偏愛家の日記

2018/9 第3週 日経IV分析

メジャーSQを終えて。

日付 5P 15P 25P ATM 25C 15C 5C
2018/9/14 34.0% 19.5% 15.9% 13.2% 11.7% 10.9% 9.3%
2018/9/6 21.8% 18.1% 16.4% 14.0% 14.5% 14.6% 19.8%
2018/8/30 18.3% 14.7% 13.3% 12.2% 12.1% 12.2% 12.7%
2018/8/23 20.2% 15.3% 14.0% 12.2% 11.7% 11.6% 11.8%
2018/8/16 26.6% 20.3% 17.9% 14.6% 13.1% 13.0% 13.1%

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

9/6のOTM Callが珍しく高いのはSQ前が要因?深い意味は無いかも。

 

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値。

 

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値。

 

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値。

 

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

 

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。 

 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。

 

他のボラ指数との比較

水色:VIX、緑色:日経VI、橙色:EUR VSTOXX

 

総括

日経平均はいつ見ても似たような水準にいるので正直見る気も起きなくなってきたが(おい)、一応三角持ち合いを形成している?IVの水準は昨年夏よりは高いので、迂闊にとりあえずGamma ロング組めば良い、という話ではなさそうだが、25Delta BF(25%DeltaのCall・PutのIV平均値とATM IVの差分。つまりスマイルの度合い)は大して動いておらず、現時点ではまだ市場の織り込みとしてはブレイクして大きく動く想定では無い様子。この狭い値動きでも、相変わらず律儀に先物が上昇するとIVが低下する状態となっているので、上抜けた場合にIVが上昇しない可能性もあり、こちらも米金利同様に手が出しにくい。素直にレンジ内で先物を売買してた方が利益になりそう。

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です