デリバティブ偏愛家の日記

2018/10 第2週 日経IV分析

IVは全水準で上昇。5Delta Callは流石に流動性が無いようで、データ上死んでいるが…

日付 5P 15P 25P ATM 25C 15C 5C
2018/10/12 28.0% 24.9% 23.1% 21.1% 21.2% 22.4% 0.0%
2018/10/5 54.6% 23.7% 19.2% 14.5% 11.3% 11.0% 0.0%
2018/9/28 21.3% 15.9% 14.7% 13.4% 13.9% 14.0% 14.3%
2018/9/21 32.3% 18.2% 16.2% 13.9% 12.2% 11.5% 9.0%
2018/9/14 34.0% 19.5% 15.9% 13.2% 11.7% 10.9% 9.3%

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

下げが強烈ということもあり、ATMが大きく上昇し、カーブは水平に近い状態。

 

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値(東京引け値)。

今更IVは急騰した。やはり24,000円付近では下げても直近高値圏で警戒感が薄かったのだろうか。

 

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値(東京引け値)。

 

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値(東京引け値)。

限月間のスプレッドもHVとIVのスプレッドもマイナスとなる、典型的なリスクオフ。

 

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

 

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。 

 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。

 

他の株価指数系ボラ指数との比較

水色:VIX、緑色:日経VI、橙色:EUR VSTOXX

スクショを撮るのが遅かったので、既に日本市場は始まってしまっており、金曜引け値ではありません。ご注意を。

 

為替ボラ指数との比較

左軸は期近IV(東京引け値)、右軸はJYVIX(USDJPY版VIX)のNY引け値。

今回から追加してみたJYVIX(CBOEが計算するCME上場のUSDJPY先物のVIX指数)との比較。引けの時間が異なる、かつ一方はVIXなのでOTMも含んでおり、日経VI指数に変えた方が良いかも…(それでも引け時間の問題は解決しないが)。USDJPYの動きが限定的なのに合わせて、VIXも大して高くはない模様。

 

総括

今のところセリング・クライマックスなのかどうかは判断しかねる状況が続く。JYVIXを分析対象に追加したものの、これだけだとやや不足している印象。本当は日経とのカーブの違いを見ればもう少し掘り下げられそう。水準的には日経のボラ売り+USDJPYのボラ買いは妙味がありそうだが、同一の口座でやる術が無いのは難点か。ただ、株のボラは跳ね易いので、やるなら30年債先の方が安心感がある(結局まだやっていないが)。

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です