デリバティブ偏愛家の日記

2018/11 第3週 日経IV分析

Put IVは下落。

分析の詳しい見方はこちら

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

やたらフラットに近い状態。先物が21,000付近で明確に反発したことで、下落に対するヘッジ需要が減った?

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値(東京引け値)。

珍しい先物下落+IV低下。

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値(東京引け値)。

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値(東京引け値)。

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。

他の株価指数系ボラ指数との比較

水色:VIX、緑色:日経VI、橙色:EUR VSTOXX

金利側は若干ボラが上がって引けているが、米株は18%程度まで下げて引けている。

為替ボラ指数との比較

左軸は期近IV(東京引け値)、右軸はJYVIX(USDJPY版VIX)のNY引け値。

USDJPY…

総括

データの引け時間が異なるので何とも言えないが、米株はまだ微妙な水準にも関わらず、我らが日経のIVはスマイルカーブがフラット化、IV低下となっている。

上述のように先物の分かり易い水準での反発で、「結局また22,500円に戻る」というような安心感が無くは無いが、米株の動きを見る限りは何とも言えない。

上は25%DeltaのPut IV推移(残存固定)だが、現状22.5%で直近の高値と夏の安値の中間位に位置している。一概にカーブだけ見て割安、と判断するのは尚早だが…12月限において20,875円Putがおおよそ25%Deltaに該当するので、狙うとしてもこの辺りのバーティカルベアかなぁ、という感じ。

ATM Put売りの25Delta Put買いというカーブ目線での戦略もありだが、デルタがプラスになってしまうので相場観的に相性が微妙。ATM Call売りにするとほぼ先物化するのでこれも微妙。OTMバーティカルベアかなぁ(二度目)。

Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です