デリバティブ偏愛家の日記

2018/11 第3週 米金利分析

米株の戻しが鈍いこともあり、金利は再度低下。

 1.イールドカーブ

縦軸に利回り、横軸が満期までの日数。指定日は前回記事を投稿した時の基準日(11/9)の水準。

カーブは短期~中期を中心とした下落。

2.中期イールド

主要年限(先物が存在する年限)の中期推移。

水準としては11月頭に戻った感じ。

3.中期スプレッド

主要年限同士の差分(スプレッド)。計算式は5Y-2Y。

スプレッドの推移は入り乱れている状態。10-30のスティープニングはちょっとよく分かりません(爆)

4.中期バタフライ

バタフライとは、短い年限と長い年限に買い(売り)、その間にある年限を売る(買う)取引手法で、イールドカーブの形状に注目するもの。「2-5-10」の計算式は以下。「2-5-10」が左軸、「5-10-30」が右軸。

5Y×2 – (2Y + 10Y)

5.短期イールド変化

100営業日(約5ヶ月)前を基準1として、そこから各主要年限の金利がどう変化したか。

6.短期10Y vs 5-10

左軸に10Y金利、右軸が5Y-10Yスプレッド。データは過去100営業日分。

7.長期10Y vs USDJPY

過去1,000営業日の10Y金利(左軸)とUSDJPY(右軸)の推移。

8.短期10Y vs USDJPY

データは全く上と同じで、期間が100営業日。

USDJPYは米金利に連れ安の形。

9.短期為替相関

主要年限それぞれと、USDJPYの相関係数の推移。相関係数は前日比を過去20営業日分使って計算。

本来こういったリスクオンとリスクオフが入り乱れる相場では相関が高いはずなので、自然な状態ではあるが、水準としては久々の高さか。

10.中期インプライドボラティリティ推移

左軸が10Y金利、右軸がその先物オプションのIV(TYVIX)。

若干金利の変動に対して逆相関気味?リスクオフ局面だからかもしれない。

11.中期為替・金利インプライドボラティリティ比較

左軸がUSDJPYのIV(JYVIX)、右軸が10Y先物オプションのIV(TYVIX)。

再度どちらもIV上昇。

12.10Yスワップスプレッド推移

左軸が10Y金利(10Y国債利回り)、右軸が10Yスワップスプレッド(10Yスワップ金利 – 10Y国債利回り)。

13.5Y、10Yスワップスプレッド推移

左軸が5Yスワップスプレッド、右軸が10Yスワップスプレッド。

過去のデータを限り、株の暴落局面ではスワップスプレッドが大きく動くようだが、今回はまだ一切動きは見られない。

総括

米株の明確な反発が見られなかったこともあり、神経質な展開が続く。これがまたリーマン級の暴落の前兆だとすると、何という名前で呼ばれるのだろうか?アップルショック?

この局面で10Y~よりも短期が買われたのは少し謎だが、短期ショートのアンワインドだろうか。他が焦げ付いたので利食いしているような印象(あくまで印象)。個人的に2Y辺りは米経済が本格的に崩れない限りは売り目線なので、懲りずに機会を伺いながら戻りを売りたい。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です