デリバティブ偏愛家の日記

2018/11 第4週 日経IV分析

金曜祝日のため、データは木曜東京引けまで。

分析の詳しい見方はこちら

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

先週のフラットに近い状態から、右肩下がりの正常な状態に戻った。ATMは小幅下落。

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値(東京引け値)。

先物は若干反発しているが、IVは同水準で推移。

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値(東京引け値)。

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値(東京引け値)。

HVが高止まりしており、HV IV Spreadは高水準。

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。

他の株価指数系ボラ指数との比較

水色:VIX、緑色:日経VI、橙色:EUR VSTOXX

VIX > 日経VIとなっているが、引けが異なるので何とも言えない。VIXはこの水準でも特段騒がれなくなってきた辺り、今までの低ボラこそが異例だったのを思い出す。

為替ボラ指数との比較

左軸は期近IV(東京引け値)、右軸はJYVIX(USDJPY版VIX)のNY引け値。

USDJPY…(二週連続同コメント)

総括

先週は妙にフラットになっていたスマイルカーブは元に戻った。

金利分析の方で触れたが、米株は際どい状況となっている。1月限では25%Delta Putは権利行使価格20,500円付近で、単純な分析をするなら、1月第二週金曜時点で20,500円まで下がる確率は市場織り込みで25%。CME日経平均先物は金曜に21,480円まで下げている。

とは言え、米感謝祭を終えたここからは例年ボラが下がっていく傾向にあり、一気に突っ込んでいくかは不明。先週は12月限でのバーティカルベアを検討していたが(結局やってない)、これを1月も同戦略で行くかはまたきちんと考えないと。

Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です