デリバティブ偏愛家の日記

2018/12 第1週 日経IV分析

米債にて逆イールド発生。

分析の詳しい見方はこちら

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

米債で逆イールドが発生したことでリスクオフとなり、スマイルカーブはATMやPut側を中心に上昇。

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ(HV)、右軸は先物終値(東京引け値)。

先物は下落したが、21,000円割らない限りはパニック的な売りにはならない印象。

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間HV、右軸は先物終値(東京引け値)。

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間HV-期近IV、右軸は先物終値(東京引け値)。

期近IVとボラ差分(長期)

30日間HV-期近IV、期近IV。

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。 

RRが荒れまくるのは使っているデータが原因の可能性が浮上。なので一旦スルーして下さい。

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格(東京引け値)。

同上。

他の株価指数系ボラ指数との比較

水色:VIX、緑色:日経VI、橙色:EUR VSTOXX

金曜夜間の米株の下落を受けてVIXが再度急騰。

為替ボラ指数との比較

左軸は期近IV(東京引け値)、右軸はJYVIX(USDJPY版VIX)のNY引け値。

USDJPYのボラは何があれば上昇するのだろうか…

総括

上にも書いたように、RRはデータ由来の問題の可能性が。ちょっと色々調べたり、IVの集計ロジックを変えたりする必要があるかも。

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。